ダンスの専門学校か大学どちらが有効的?

ダンスの専門学校か大学どちらが有効的? 将来的にダンスを仕事にしたいと考えた時、専門学校に通うのと大学のサークルで積極的に活動するのと、どちらが有効的かで悩むかもしれません。
しかし、どちらを選んでもダンサーとして活躍できるかどうかは自分次第といえます。
なぜなら、専門学校に通ってダンスをただ学ぶだけでダンサーになれるわけではありませんし、大学のサークルで仲間と楽しく踊っていても同様にダンサーにはなれません。
職業としてダンスをする際に最も大切なことは人脈です。
もちろんダンサーとしての能力は必須ですが、どれだけスキルが高くても仕事を紹介してもらうあてがないとどうしようもありません。
つまり、ダンサーになりたいのであれば、すでにダンサーとして活躍しているような方と知り合ったり、芸能関係の仕事を紹介してもらえるようなあてが必要なのです。
そういう意味では専門学校の方がよりダンスに近い場所にいる方と知り合う機会が多いといえますが、大学でもサークル内でチームをつくってクラブイベントや大会などに積極的に出場することで人脈を広げていくことができるといえます。
ですので、どちらが有効的ではなく、自分がどう行動をするのかが大切なのです。

ダンスの仕事に就きたいなら専門学校の方が良い

ダンスの仕事に就きたいなら専門学校の方が良い 最近は学校の体育の授業にも取り入れられるようにダンスが人気です。
なので、ダンスの仕事に就きたいという人も多いでしょう。
ただし、ダンスは個人でやっていても変な癖がついたりしやすいものです。
その動きが良いのかどうかの判断がなかなかつかないものなので、専門学校に行って、学ぶということや、専門学校の講師に見てもらうということにメリットがあります。
インターネットを活用すれば最近は多くのことが独学可能で、むしろ独学の方が良いものというのも多いでしょう。
しかし、ダンスに限ってはそういうわけにもいかず、他人の視点というのが必要です。
そして他人ならだれでも良いというわけではなく、きちんとした有識者にみてもらう必要があるということです。
スポーツはだいたいそうなのですが、自分で自分の動きが確実に正しいのかが案外わからないものなので、専門の人の意見というのがあると上達が早くなるのです。
逆に文科系は独学でいけます。